HOME » 実際になにをするの? » 海水を用いない『無水療法』

海水を用いない『無水療法』

水から上がってからのコンデイショニング

海水を用いない『無水療法』

海水プール内やバスタブなどで行われる「水療法」に対し、「無水療法」は陸上で行われるものです。

「エクササイズしたぞ!」という気分になれる「水療法」に比べると穏やかなメニューですが、
もしこれら「無水」のアイテムがなかったら、それはそれで物足りない気分になるのかな、とも思いました。

さて、詳細ですが、
まずフランスブルターニュ地方の海藻パウダーとホテル前の新鮮な海水を混ぜたパック、アルゴテラピーと、
同じく海泥パウダーを用いたファンゴテラピーの2種類が用意されています。

アルゴテラピーでは、ミネラル豊富な海藻パックで、
お肌に潤いを与えしっとりすべすべな素肌を実感できます。
こちらはメインコース内の、ビューティーコースで体験可。

ファンゴテラピーで用いる海泥パウダーには、温シップのような効果があるので、
肌の新陳代謝を高め発汗作用で体重減も期待できます。
こちらもメインコース内の疲労回復コースで体験可。

さらにさらに

パック以外にもある補助アイテムのご紹介。

・タラソコンディショニング
ストレッチをかけたり、筋を押す、さする方法で全身の筋緊張をほぐしながらバランスを整えます。

・プレシオテラピー
足に履いたブーツに空気圧を加えたり、除いたりを繰り返し行うことで、
足全体に心地よい刺激を与え、血液やリンパ液の流れを促進し、足の疲れやむくみを軽減させます。

・オアシスO2 (美肌)(デトックス)
カプセル内を1.35気圧に上げることで酸素供給を促します。
全身に十分な酸素が行き渡ることで細胞が活性化し、アイチエイジング、疲労回復、リラクゼーション効果があります。

体験した感想

体験した感想としては、
まずプール内で毒素を出し切って、陸に上がってからお肌や気分の調整、という流れがとってもテンポよく、
運動やヨガをした後のようなポカポカとした心地よい感覚がありました。

翌朝、化粧ノリが良くなったことでお肌のコンディションが良くなったことも実感。

なんといっても、海水の浮力がこちらの動きを助けてくれるのがいいですね。
リハビリなど、本格的な医療目的で利用される方がいるのも、たしかに納得。
実際に私が宿泊したときにも見かけましたが、男性の方の利用も増えて来ているようです。

アクションの大きい、「動」の水療法、反対にじっと横たわる「静」の無水療法。
動と静の絶妙なバランスが、細胞レベルにまで体に働きかけてくれているのだと実感しました。

ページの先頭へ